【ルンバブル】家具の高さにマッチしたお掃除ロボットの選び方

ルンバブル

お掃除ロボットを選ぶときに大切な項目の一つとして「背の高さ」があります。

お掃除ロボットの背が高いと、家具やベッド、ソファの下に入り込めず、結局そのような場所を自分で掃除しなくてはなりません。

逆に、ロボットの背が低ければ、自宅のあらゆる場所に入り込み、部屋を綺麗にしてくれます。

このように、ロボット掃除機を使う際には、「高さ」が重要になることから、最近では「ルンバブル」と言って、ロボット掃除機の高さに合わせた、脚の長い家具を購入する人も増えています。

特にベッドの下はホコリが溜まりやすい場所なので、ロボット掃除機を選ぶ時は、できるだけ自分の家の家具にマッチしたお掃除ロボットを選びましょう。

高さで選ぶ、お掃除ロボットの比較表

お掃除ロボットの背の高さが低い順に、ランキング付けしてみました。

メーカー名 製品名 高さ
スリーアップ モッピー 5.0cm
ASUS E-CLEAN EC MINI 7.0cm
CCP ラクリート CZ-907 7.5cm
ツカモトエイム ロボットクリーナー 7.5cm
ツカモトエイム ロボットクリーナーミニ 7.5cm
CCP ラクリート CZ-905 7.6cm
CCP ラクリート CZ-860 7.6cm
モニュエル クレモン MR7700シリーズ 7.97cm
東芝 スマーボV 8.0cm
モニュエル クレモン MR6600シリーズ 8.2cm
ANABAS SZ-300 8.5cm
ツカモトエイム ロボットクリーナーデラックス 8.5cm
アイリスオーヤマ ロボットクリーナー RBC-28 8.5cm
マミロボット ポロ K5・K7 9.0cm
LG電子 ホームボット2.0 9.0cm
不明 クリーンスター全シリーズ 9.0cm
iRobot ルンバ全シリーズ 9.2cm
東芝 スマーボ 9.3cm
ASUS E-CLEAN EC01E 9.3cm
ANABAS SZ-200 9.5cm
シャープ ココロボ RX-V100・RX-V80 9.6cm
フォアベルク コーボルトVR100 10.0cm

10cm以上の脚がある家具が理想

このように比較してみると、だいたい10cm以上の隙間があれば、ロボット掃除機が家具の下に入り込めることになります。

定番のお掃除ロボット「ルンバ」の高さは9.2センチで統一されており、全体の機種で比較すると、結構背が高い機種になります。

スリーアップのモッピーは、フローリング専用のロボットなので、やや特殊と言えますが、ASUSのE-CLEAN EC MINIは、7.0センチという低身長を誇っており、ルンバと比較すると、2センチ以上の大きな差があることがわかります。

購入前には家具の計測を

せっかくお掃除ロボットを買っても、ベッドやソファの下に入り込めなければ、ロボットならではの便利さが半減してしまいます。

お掃除ロボットの購入前には、「家具の中に入り込めるのか?脚の長さを測る」ことを忘れずにやっておきましょう。


株式会社クートン
ネット銀行100の活用術