iRobot社が新型ルンバ「600シリーズ」を2機種発表!

ルンバ600シリーズ

iRobot社は2012年9月11日、東京のホテルニューオータニにて新型ルンバ『600シリーズ』を発売すると発表しました。

今回発売された2つのモデル「ルンバ620」と「ルンバ630」は、いずれも日本専用に作られたモデルとなっており、日本の住環境に対応した作りでありながら、価格の大幅な引き下げが行われています

発売日は2012年10月19日です。

4万円台で買える!大きな価格引き下げ

今回発売されたモデルは、いずれもこれまでのルンバと比較して、大きく価格が引き下げられています

特にルンバ620は4万円台で買うことができるので、自動掃除機の敷居もグンと下がりそうです。
ここに表記しているのは定価なので、実際の販売価格はもう少し落ちるかもしれません。

上位モデルに負けない清掃能力

価格が下がっても、清掃能力は劣りません。
現在発売されているルンバの最上級モデル『700シリーズ』の性能を持ちながら、さらに日本の住環境に適した機能UPがおこなわれています。

ルンバ600シリーズの機能と比較

具体的にどこが変わったのか?まとめるとこのようになります。

最上位機種に位置づけられている「700シリーズ」と比較した場合、省かれている機能などをまとめます。

8色のカラーバリエーション限定モデルも

10周年限定モデル

今回は10周年を記念して、8色のカラーバリエーションを施した限定モデルも発売します。
(10周年なのになぜ8色なのかは不明です…)

各色100台限定で発売されるカラーバリエーション豊富なルンバは、「ルンバ630」をベースにしたモデルで、ブルーやピンク、紫など、さまざまな色が選べます。

10周年限定モデルは国内のアイロボットストア(通販)限定での販売となっており、価格は56,800円です。

ロボット掃除機も値下げの段階に突入

アイロボット社CEOのコリン・アングル氏によると、日本でのルンバの販売台数は世界の4分の1を占め、本家アメリカに次いで2番目に売れている国なんだとか。

今回発売された日本仕様の「ルンバ620」、「ルンバ630」はアイロボット誕生10周年を記念して、日本のために作った製品だそうです。

お掃除ロボット業界は、国内メーカーがようやく本格的な参入を果たし、シャープのココロボ東芝のスマーボなどが展開されています。しかし、そのお値段は7万円~9万円前後。。。

お掃除ロボットで先行していたiRobot社は、ライバルの進出に合わせていち早く、値下げされた買いやすいモデルの販売を開始したと考えてよいと思います。

まだまだ高級家電として取り扱われているロボット掃除機も、メーカー各社が値下げを始めれば一気に普及が進みそうな感じですね。

株式会社クートン
ネット銀行100の活用術