LG電子 HOM-BOT SQUARE(ホームボットスクエア)

ホームボットスクエア

韓国の家電メーカー「LG電子」のお掃除ロボット「ホームボットスクエア」は、これまでのお掃除ロボットとは全く違う発想で生まれた、四角い形をした掃除ロボットです。

これまでお掃除ロボットでは当たり前だった丸型のボディを一新し、四角いボディがホームボットスクエアの一番の特徴です。

なぜこのボディが採用されたかというと、これまでのお掃除ロボットは隅っこのゴミを取るのがとても苦手だったからです。丸型のボディでは部屋の済みまでブラシが届かず、隅っこのゴミは自分で掃除する必要がありました。

しかし、HOM-BOT SQUAREであれば、部屋の隅のゴミまで四角いボディのロボットがしっかりとフィットするので、取りこぼしがありません。
前機種と比較して、「部屋の隅のゴミ」の除去率が89%も向上しています。

HOM-BOT SQUARE (ホームボット スクエア) VR6260LVM

Amazon.co.jpで最安値をさがす
楽天で最安値をさがす
Yahoo!ショッピングで最安値をさがす

主な特徴

ホームボットスクエアは、ボディが四角いだけでなく、その他にもさまざまな機能が搭載されています。

世界初の四角型お掃除ロボット

冒頭でも説明しましたが、ホームボットスクエアの一番の特徴は、四角いボディ形状です。
これまで一般的だった丸型のお掃除ロボットではなく、四角い形状を採用したのは、LG電子が世界初です。

これまで部屋の隅のゴミやホコリを取る際に、丸型のお掃除ロボットでは隅まで入り込めない問題がありました。しかし、四角いボディなら、部屋の角にも問題なく入り込めます。

また、ホームボットスクエアでは、従来製品よりもブラシのサイズを1.5cm長くし、より清掃能力を高めました。

「四角いボディ」、「ブラシの長さ」、この2つの特徴によって、丸型のお掃除ロボットが苦手としていた、隅っこのゴミ取りの問題を見事に解決しています。
従来製品と比較して、部屋の隅のゴミの除去率は89%に向上しています。

障害物を避けて掃除する

これまでのお掃除ロボットは、隅のゴミを取るために壁や障害物にぶつかったり、壁にぶつかることによって方向転換をしている製品ばかりでした。

壁にぶつかる際に速度を落としたり、柔らかなバンパーを搭載して衝突時のダメージを軽減していましたが、やはり衝突の際に家具や壁に傷を付けてしまう可能性があり、お掃除ロボットの導入を見送る人もいました。(ルンバなども結構ガンガン壁にぶち当たります)

しかし、ホームボットスクエアでは新しく3つの超音波センサーを搭載しました。
超音波センサーによって、壁やイスなどの障害物を認識でき、衝突を避けて掃除します。

また、これまでのホームボットシリーズと同様、2つのセンサーによって部屋の形状や障害物の一をあらかじめ把握した上で掃除を開始します。

空間把握能力と、新しく搭載した超音波センサーによって、障害物への衝突回数を最大63%も減少させることに成功しています。

学習機能でより速く、正確に

ホームボットスクエアには、「学習機能」が搭載されています。
一度目よりも二度目、二度目より三度目と言ったように、何度も同じ部屋を掃除することで、部屋がどのような形状で、どの場所に障害物があるのかを、より正確に理解できるようになっています。

学習機能によって、同じ部屋でも掃除の回数を重ねるごとに、障害物への衝突回数は減り、清掃効率が上がることで掃除時間が徐々に短縮できます。

ホームボットスクエアでは、最大で15畳の部屋を18分で掃除する力があり、これはお掃除ロボットの中でも非常に早い掃除スピードとなります。

何度も掃除をし、学習することでどのように動けば効率的に掃除ができるか、理解するように設計されているのです。

4つの清掃モード

主な清掃モードは4つです。

ジグザグモード
部屋の端から端まで往復移動しながら掃除
空間拡張モード
最大3m四方のブロックにわけてブロックごとに掃除
マイペースモード
付属のリモコンで本体を移動させて範囲を指定し掃除
ここだけモード
半径1m以内を集中的に掃除

いずれも、用途に応じて使い分けられる優秀な清掃モードばかりです。

その他にも「リモコンお掃除モード」、「ターボモード」、「リピートモード」の合計7種類の掃除方法を搭載しています。

静音性にすぐれた設計

ホームボットシリーズは、静音性が高いことで有名です。
前機種と同様に、騒音は48デシベルとなっており、他社のお掃除ロボットと比較しても一回り静かです。

口コミによれば、日中に集中して作業をしているような状態だと、足元をホームボットスクエアが通り抜けても気づかないぐらいなのだとか。

一般的に、図書館の音が40デシベル、事務所の音が50デシベルと言われているので、ホームボットスクエアは「図書館よりもうるさく、事務所よりも静か」な掃除機だと言えます。

ただし、清掃能力をフルに使う「ターボモード」使用時は52デシベルの騒音となってしまいます。

気になるお値段は?

定価はオープン価格ですが、9万円程度と言われています。
実売価格はネットの安い所だと57,000円前後です。

スペック表

製品名 HOM-BOT SQUARE ホームボットスクエア(VR6260LVM)
定価 販売価格6万円前後
カラー チタンシルバー
本体サイズ 幅340mm x 高さ89mm
重量 約3.0kg
集じん方式 ダストビン式 0.6リットル (紙パックはいりません)
充電時間 約3時間
消費電力 23W (充電時)
ダストボックス容量 0.4リットル
掃除モード ジグザグ掃除/空調拡張掃除/集中掃除/リモコン誘導掃除
運転音 48dB
掃除時間 15畳(25㎡)の部屋を約18分
同梱物 リモコン
ホームステーション
ダストボックスフィルター(予備用)
マイクロファイバークロスプレート
マイクロファイバークロス(2枚)
側面回転ブラシ(2枚)
フィルター掃除用ブラシ
リモコン用乾電池(単四2本)
お手入れ用ブラシ(回転ブラシ用)

関連動画

LG電子 ホームボットスクエアのネット上の口コミまとめ

管理人がネットで集めた口コミ評判をまとめています。



44個あるセンサーで細いテーブルの脚にもぶつかることがない。
拭き掃除も可能、付属のマイクロファイバークロスは何度も再利用可能。
たたみやフローリング、じゅうたんなど床の種類をセンサーが感知して吸引力を自動調整。

参照元:モニターライフ☆ゆうの喘息日記

我が家にはラグ、フローリング、ベビーマットがあるが問題なく掃除してくれた。
本体はとても軽く音も静か。

障害物までの距離を認識して回避するセンサーが搭載されているので、障害物に当たることが少なく、家具や壁を傷つけることを防いでくれる。

参照元:藤川奈緒 にゃおぶろぐ

静音性に優れているので、ハンドメイドに夢中になっているような時なら、ホームボットスクエアが下を通りすぎても気づかないぐらい静か。

3.0kgはとても軽く、膝の上に乗せても重さが気にならない。

参照元:バイリンガルママLeiのEveryday Life♪と家族海外移住への道!

購入はこちら

HOM-BOT SQUARE (ホームボット スクエア) VR6260LVM

Amazon.co.jpで最安値をさがす
楽天で最安値をさがす
Yahoo!ショッピングで最安値をさがす

株式会社クートン
ネット銀行100の活用術