CCP ラクリート CZ-907

ラクリート cz-907

CCPのラクリートシリーズのハイグレードモデルに位置づけられるのが「CZ-907」です。

ハイグレードモデルだけあって値段も上りましたが、そのぶん最上位機種らしい豊富な機能が搭載されました。

定価は52,500円ですが、販売価格はおよそ3万円前後です。

【送料無料!】CCP 【LAQULITO】 自動ロボット掃除機 CZ-907

Amazon.co.jpで最安値を探す
楽天で最安値をさがす
Yahoo!ショッピングで最安値を探す

主な特徴

ラクリート(LAQULITO) CZ-907の主な特徴です。

清掃面積がさらに広くなった

CZ-907では、最大清掃可能面積がさらに広くなり、25畳となりました。

最大清掃面積の比較

4種類の清掃パターン

4種類の清掃パターンを使って、お部屋の掃除をします。

ジグザグ
ジグザグに走行し、部屋をくまなく掃除します
スパイラル
ぐるぐると回転し、らせんを描きながら掃除する
ランダム
ランダムな動きで掃除する
壁づたい
壁にそって掃除する

壁にぶつからない機能

iRobot社のルンバでもお馴染みの機能です。
壁や障害物にぶつかりそうになるとセンサーが反応し、方向転換して障害物への衝突を回避します。

CZ-907は4つのIR壁検知センサーを搭載しているので、壁際のゴミやホコリをしっかり掃除しながら、衝突を最小限にとどめます。(ただし100%の回避はできません、衝突することもあります)

リモコンが付属

CZ-907には専用のリモコンが付属します。
リモコンを使うことで遠隔操作が可能です。

その他の機能

カーペットやフローロング、たたみの掃除にも使えます。

お掃除ロボットにはなくてはならない、落下防止機能も搭載されています。
階段の段差や玄関の段差に近づくとセンサーが反応し、ラクリートCZ-907が落ちることはありません。

1.5cm程度の段差なら問題なく乗り越えられます
(CZ-905、CZ-860は0.75cmしか乗り越えられませんでした)
絨毯をひいている家庭や、電源コードは乗り越えるので気にせず掃除をまかせられます。

スペック表

製品名 ラクリート(LAQULITO)(CZ-907-DR)
定価 52,500円
カラー ダークレッド
本体サイズ 幅295mm x 高さ75mm
重量 約1.9kg (バッテリー含む)
集じん方式 ダストビン式 (紙パックはいりません)
集じん容量 0.3リットル
充電時間 約8時間
電気代 約1.76円(8時間充電した場合)
最大清掃面積 25畳
掃除モード ジグザグ・スパイラル・ランダム・壁づたい
最長運転時間 約60分
同梱物 本体
充電ステーション
電源アダプター
バッテリー
回転ブラシ(2個)
モップシート(6枚)
モップシートホルダー
リモコン
リモコン用電池

消耗品

充電式バッテリー EX-3169-00 7,350円
モップシート(30枚入り) EX-3171-00 1,050円
ダストケースフィルター EX-3172-00 630円
ダストケース EX-3173-00 945円
回転ブラシ EX-3170-00 420円

関連動画

↓エントリーモデル「CZ-860」の動画です

↓スタンダードモデル「CZ-905」の動画です

ラクリート CZ-907 ネット上の口コミまとめ

管理人がネットで集めた口コミ評判をまとめています。


ルンバは高いし、どれくらい使うかわからないのでラクリートを購入。

■メリット
・稼働時間の長さ
・TV台の下にも入り込める
・ぶつかり防止機能は有効。ただしイスにはぶつかる。
・集じん容量も大きい
・消耗品がルンバより安い
・自動充電機能は、ロボット掃除機を片付ける手間が省けるので楽。

■デメリット
・充電時間が長い
・家電製品の電源ケーブルに絡まってストップしてしまうことも
・騒音はけっこううるさいが、普通の掃除機よりはマシ

コストパフォーマンスは高いそうです。
また、ロボット掃除機が吸い込んだゴミを見るのが楽しみなのだとか。

ただし、ロボットだけに目の前に落ちてるゴミをスルーして無駄に移動してしまいます。(これは仕方ありませんね・・・)

電気代は毎日使っても60円程度。
見えるゴミは自分で、見えないゴミはロボットに任せるのがお勧め。

参照元:出産・育児に役立つモノ

2万~4万円程度の価格帯では、LAQULITO(ラクリート)はわりと使える方。
ただし、どれもゴミを検知するセンサーがついておらず、単にランダムに動きまわってゴミを吸い込むタイプなので、どうしても取りこぼしが出てしまう。

参照元:Web R25

あまり期待はしていなかったが、フローリングはきれいになる。
特に我が家はダークブラウンのフローリングなので、クイックルワイパーをかけても汚れが目立つが、ラクリートはきれいに掃除してくれる。

自動充電機能で、本当なら自動的にホームベースに戻るはずが、途中で止まってしまっていることもある。

参照元:若石リフレサロン 縁=enn=

隅々まで動くのは優秀だが、運転時間に対しホコリを吸う量が少ない。
ダストボックスは上から取り外すタイプで簡単

参照元:女性自身

ゴミを掻きこむブラシがないので集塵力は弱いと感じる。
また、両サイドのブラシは長くて隅っこのゴミも集めやすいが、細くて柔らかい素材なので、1度の運転でかなりヘタリが見られた。

ゴミが溜まるとサインが出てお知らせしてくれるのは便利。
両サイドのブラシやフィルターなどの消耗品の値段が安い。
価格には十分見合った性能。

参照元:All About

バッテリーはもう少し大きいかと思ったが、そうでもなかった。
見た目は単3電池を12本繋げたような感じ。

ブラシの取り付けが大変で、何度もやり直した。

参照元:雪の降る街の J・URBAN

購入はこちら

【送料無料!】CCP 【LAQULITO】 自動ロボット掃除機 CZ-907

Amazon.co.jpで最安値を探す
楽天で最安値をさがす
Yahoo!ショッピングで最安値を探す

株式会社クートン
ネット銀行100の活用術