ANABAS ロボクリーナー(SZ-200)

sz-200

ユニーク商品の開発や販売を手がけるANABAS(アナバス)から登場したお掃除ロボット、ロボクリーナーSZ-200は、外出中にお部屋を掃除してくれる賢いロボットです。

定価は69,800円と、やや高めの価格設定です。
調査したところ、現在は廃盤となっているようで販売価格はわかりませんでした。

<$MTInclude module="ads"$>

主な特徴

ロボクリーナー(SZ-200)の主な特徴です。

自動充電機能を搭載

お掃除ロボットルンバでもお馴染みの自動充電機能がSZ-200にも搭載されています。
掃除機の充電電池が切れそうになると、自動的にお部屋のホームステーション(充電場所)に戻り、充電を開始します。

スケジュール機能

週1回、毎日、月~金曜日、土日だけ。など細かくスケジュールを設定できます。
わざわざ自分からスイッチを入れなくても、設定時間になると自動的に掃除機が起動し、お部屋の掃除を始めてくれる大変便利な機能です。

清掃機能

ロボクリーナー SZ-200は、4つの動作でお部屋を掃除します。
これらの4つの清掃パターンをローテーションしながら掃除するので、まんべんなくゴミを吸うことができます。

ランダム
ランダムに走行しながら部屋をきれいにする
スパイラル
部屋の中をグルグルと円を描きながら掃除する
ジグザグ
部屋のはしからはしまでを、ジグザグに走行しながら掃除する
壁沿い
壁にそいながら、壁際を掃除する。サイドブラシ搭載ですみずみまできれいに

落下防止機能

もちろん落下防止機能が搭載されています。
これにより、2階の階段から掃除ロボットが落下して故障するようなことはありません。

リモコン・ダスター付き

リモコン付きで、遠隔操作が可能です。
また、付属のダスターを取り付けることで、フローリングの床などを拭き掃除できます

ルンバとの比較

掃除ロボットルンバと比較した場合、やはり能力面では劣ると思います。
ルンバやホームボットには精密なセンサーやカメラを搭載し、部屋の状況を把握しながら掃除する能力があります。

なので、効率よく掃除でき、障害物に対して衝突しないように、減速して壁を掃除する機能があります。

しかし、ロボクリーナーにはそういった機能がありません。
特定の清掃パターンを繰り返すだけですので、部屋の壁に激突してしまうことも多いです。

スペック表

製品名 ロボクリーナー(SZ-200)
定価 69,800円
カラー ホワイト
本体サイズ 幅340mm x 高さ95mm
重量 約3.5kg (バッテリー含む)
充電時間 約3時間~約8時間
掃除モード ランダム・スパイラル・ジグザグ・壁沿い
最長運転時間 約20分~約60分
稼動面積 約60畳(83㎡)

関連動画

↓上位機種のSZ-300の動画です。

↓上位機種のSZ-300の動画です。

株式会社クートン
ネット銀行100の活用術