日本文化と相性が良いダイソンの扇風機!松山城のロープウェイに??

このエントリーをはてなブックマークに追加

2014年2月15日

ダイソンの羽のない扇風機が横向きに強引に設置されている。。。
これ、実は松山城のロープウェイの車内の写真なんです。

Twitterに投稿されたこの1枚の写真は1,500回以上も共有され、ネットで話題になっています。
ボディの長さから、おそらく「AM02 リビングファン」だと思います。

AM02 リビングファンは、日本の住環境に配慮し作られた扇風機で、羽根のない扇風機「エアマルチプライアー」シリーズの中でも、最も送風面積が広い機種となっています。
送風面積が広いので、ロープウェイの中に取り付けても効果的だと判断したのでしょう。

実際に松山城の事務所にインタビューしたというねとらぼによると、去年の3月からロープウェイにダイソンの扇風機を採用しているとのこと。

電気容量の関係でクーラーを設置できず、思案していたところ、岐阜の金華山ロープウェイでも羽のない扇風機が導入されていると聞いて、ダイソンのエアマルチプライアーを採用したのだとか。

実は先日、「ダイソン エアマルチプライアーを高野山 金剛峯寺に30台寄贈」というニュースでも書きましたが、和歌山県の高野山 金剛峯寺でも、エアマルチプライアーが導入されています。

現在わかっているだけで、これらの場所でダイソンの羽のない扇風機が導入されています。
日本の文化的施設と、ダイソンのエアマルチプライアーのデザインの相性が抜群ということなのでしょうか?

ネット銀行100の活用術
株式会社クートン