DC26 カーボンファイバー モーターヘッド

このエントリーをはてなブックマークに追加

DC26シリーズの比較

DC36より一回り小さい筐体が特徴の『DC26』シリーズ。
ダイソンのサイクロン掃除機の中でも長い間ヒットを飛ばし続けるロングセラー商品です。

フィルターのお手入れの目安は2年ですが、製品にも2年間のメーカー保証が付属しているので安心です。

直接の比較対象となるのはDC36ですが、吸引力(吸込仕事率)は170Wで、まったく同じです。
筐体は一回り小さいものの、集じん容量も同じなので、特性によって選ぶのがよいでしょう。

Dyson DC26 カーボンファイバーモーターヘッド コンプリート

Amazon.co.jpで最安値を探す
楽天で最安値をさがす
Yahoo!ショッピングで最安値を探す

機種別の比較

DC26には5つの機種があります。
クリーナーヘッドにモーターが搭載された「モーターヘッド」が2機種、モーターがない「タービンヘッド」が2機種、そして旧型のDC26が1機種という構成になっています。

カーボンファイバー DC26 モーターヘッド ペットケア(紫色)

ペットグルーミングツールが付属したドッグオーナー専用モデル。
ブラッシングに使うことができ、ペットの抜け毛や古い角質を吸い取ることができます。
また、モーター駆動のクリーナーヘッドで、床に落ちた抜け毛もしっかり吸い込みます。

カーボンファイバー DC26 モーターヘッド コンプリート(ピンク)

DC26の定番モデルです。
クリーナーヘッドをモーターで動かすことにより、カーペットの奥のホコリもしっかり吸引します。

カーボンファイバー DC26 タービンヘッド コンプリート(青色)

クリーナーヘッドにモーターが搭載されていないタービンヘッドを採用したモデルです。
モーターが搭載されていないので、製品全体の重量は、モーターヘッドと比較して260g軽くなっています。また、価格が抑えられている点も特徴の一つです。

カーボンファイバー DC26 タービンヘッド エントリー(黄色)

DC26シリーズの中では、最も手軽で安価なモデルです。
他の機種との違いは、「タービンヘッドが採用されている」点と、「付属品が少ない」点です。

上位3機種は、付属品として「ミニT字型ノズル、フレキシブル隙間ノズル、ソフトブラシツール、コンビネーションノズル、フトンツール」の5つが標準で付属していますが、タービンヘッドエントリーモデルには「ミニT字型ノズル、コンビネーションノズル」の2つのみが付属しています。

DC26 タービンヘッド コンプリート (2009年モデル)(青色)

旧型モデルです。
他のモデルに搭載されている「導電性カーボンファイバーブラシ搭載タービンヘッド」が搭載されていません。おそらく既に生産終了となっている製品です。

DC36とのちがい

DC26と比較対象となるのはDC36です。
相違点をまとめてみました。

サイクロンテクノロジーの違い

DC36では、ダイソン社の最新のテクノロジー「ラジアルルートサイクロン」が搭載されています。

DC26の「ルートサイクロン」も評価の高い技術ですが、ラジアルルートサイクロンの方が、吸引力の低下が小さくなっており、より微細なゴミを処理できます。

サイズと重量の違い

吸込仕事率や集じん容量は両機種とも同じです。
しかし、サイズと重量においてはDC26の方が小さく、軽く設計されています。

付属品の違い

DC36に比べてDC26が優れている点は、付属品が多いことです

付属品がすべて揃っているDC26 コンプリートなら、DC36の付属品に加えて、ミニT字型ノズルとコンビネーションノズルが付いていて、利用用途が広くなっています。

DC26の主な特徴

ルート サイクロンテクノロジー

サイクロン機構を何重にも重ね、段階的に大きなゴミからミクロのホコリまでを取り除く技術が、ルートサイクロンテクノロジーです。
内部で150,000Gの強力な遠心力を発生させ、0.5ミクロンの超微粒子をも処理できます。

0.5ミクロンの微細なゴミには、ダニやペットの抜け毛、花粉といったアレルゲンも含まれています。
このようなアレルゲンを掃除機内部で処理し、綺麗な空気を排気できることから、「英国アレルギー協会」「スイスアレルギー協会」から認定を受け、DC26とDC36は「アレルギー対策に適した掃除機」として販売されています。

吸い込んだゴミのほぼすべてをサイクロン内部で処理するので、フィルターへの負荷が小さく、フィルターの掃除はおよそ2年に1回でOKです。

サイクロンテクノロジーの詳細解説はこちらをごらんください。
吸引力はなぜ落ちない?ダイソン社のサイクロンテクノロジー

カーボンファイバー モーターヘッド

DC26では、クリーナーヘッド部分に導電性カーボンファイバーブラシを採用し、専用のモーターで動かしています。
この力強いクリーナーヘッドにより、カーペットの奥に溜まったホコリやペットの毛までも掻き出し、除去することができます。

紫とピンクのモデルには、先端がモーター駆動する「モーターヘッド」を採用し、ゴミをしっかりと掻き出します。
青と黄色のモデルには、空気の力で回転する「タービンヘッド」を採用し、価格が抑えられています。

2009年度のグッドデザイン賞を受賞

2009年度のグッドデザイン賞を受賞した製品です。
ダイソン社は、2011年度にDC36、コードレスクリーナーのDC35 マルチフロアにおいても同賞を受賞しています。

DC26は、グッドデザイン賞の中でもより優秀な「グッドデザイン金賞」を受賞した実績があり、これがロングセラーに繋がった理由とも言えるでしょう。

スペック表

オンラインストア参考価格 74,800円~94,800円
テクノロジー Root Cyclone™(ルートサイクロン)
本体サイズ 高さ266 x 奥行き320 x 幅205mm
重量 本体 3.3kg (製品全体 5.88Kg、タービンヘッドモデルは5.62Kg)
吸引力(吸引仕事率) 170W
消費電力 1,100W
モード切替 電源 オン/オフ ・ フルパワーモード ・ ウィスパーモード
集じん容積 0.68 L
コードの 長さ 5m
各種ツール & 付属品 ミニT字型ノズル
フレキシブル隙間ノズル
ソフトブラシツール
コンビネーションノズル
フトンツール

※エントリーモデル(黄色)には、ミニT字型ノズルとコンビネーションノズルの2つだけを付属。

関連動画

口コミのまとめ

管理人がネットで集めた口コミ評判をまとめています。


自動掃除機のルンバを買ったが、ペットの毛がたくさん落ちている我が家ではきれいにならなかった。
普通の掃除機でもダメなのでダイソンを購入。

最新式の小型のもの(おそらくDC36)より、大きい方(おそらくDC26)の方がパワーがある。

ダイソンはヘッドが小さいのでよく壊れるが、他社の掃除機よりもパワーがあり優れている。
ルンバよりも断然ダイソンがお勧め。

参照元:ねぇーちゃんと怪獣あいの怒涛の日々

DC26 モーターヘッドペットケアの口コミです。
前日に紙パック式の掃除機で掃除した場所を、ダイソンのDC26で掃除すると驚くほどホコリが取れた。
他の場所も同様で、吸引力は本当にすごい。

「dysonを使うと、掃除するのが楽しみになる」と聞いたことがあるが、その気持ちがわかった。

付属品のすき間ノズルは引っ張ると伸びて、さら曲がるので、冷蔵庫のすき間にも使えて使い勝手がいい。

■良い点
・吸塵力はすごく高い
・音はそれほど気にならない大きさ
・付属品が多くて便利
・本体が思ったより軽かった
・ゴミ捨てが簡単
・排気は風はすごいが匂わないのでクリーン

■悪い点
・吸塵力が高いので、ヘッドが床に張り付く
・操作が重たくて疲れる
・付属品は多いが、すき間の掃除にはヘッドを変える必要がある
・収納時にかさばる
・パイプが少し短い

参照元:slow fight☆natural fight

絨毯敷きの家ではホコリをたくさん吸う環境でぜんそく持ちだった。
他の掃除機では改善されなかったが、ダイソンにしたらぜんそくが治った

DC26は小さくて軽く、子供でも楽に取り扱える。
掃除機としては少々高めだが、値段の価値、十分あり!!

参考:アレルギー対策に適した掃除機に認定されたダイソン

参照元:鴨がネギを背負ってきた!

「dyson DC26 タービンヘッド エントリー」の口コミです。

これまでダイソン社の掃除機は「高い」、「大きい」、「うるさい」の3拍子が揃っていたので避けていた。
しかし新しくA4サイズの大きさ(DC26)が登場したので購入。

ダイソンの電気掃除機が売れる理由
1.変わらない吸引力
2.コンパクトなデザイン
3.クリーンな排気
4.コードが車輪にからまない(妻の意見)

参照元:ホテル&スイーツ

DC26タービンヘッドとDC34を購入。
ダイソンの掃除機は主にじゅうたんの部屋を掃除する時に使う。
フローリングはルンバのほうが綺麗になる。

参照元:Twitter

DC26は見た目もかわいいし、かなり満足。
DC35は使用時間が15分というのが悩ましいがカッコイイ。
次はルンバ。

参照元:Google+

吸い取ったゴミはクリアビンに溜まるので見える。
「こんなに汚かった?」というぐらい取れる、吸引力はすごい。
そして空気清浄機なみのクリーンな排気も嬉しい。

気になっていた音も、実際はそれほど大したことなかった。
カスタマーサポートもしっかりしていると聞いた。
かなり満足な買い物。

ペット飼いならモーターヘッドがおすすめ。
ビックリするぐらい半端じゃなく取れる。

このブログの管理人、梅松父さんによるとDC26は日本仕様に生まれた最も小さなダイソンと謳われていたそうです。
昔のダイソンのサイクロンは音がうるさいと言われていたようですが、梅松父さんの情報によると、販売員の人が、最近のモデルは音も控えめになったと言っていたようです。
(最新のDC36では、Ballテクノロジーによってさらに騒音が低減されています。)

梅松父さんは、ダイソンベタ褒めでした。

参照元:梅松LIFE-Got Dog?-

誕生日にもらった。
カーペットを持ち上げてしまう程の吸引力で、ゴミが驚くほど取れる。
音が少しうるさいでが、いい掃除機。

参照元:うちのこさくらちゃん

去年購入したダイソンの掃除機、使っているうちにコードリールの巻きとりが弱くなってきた。
カスタマーサポートに電話をすると無償修理してくれるとのこと。

結局、コードリールとコードを巻くスプリングを取り替えてもらったが、手際のよさにびっくり。
木曜日の午後に連絡し、金曜日の午前中にヤマト運輸が引き取りにきて、日曜日の午前10時に修理完了して戻ってきた。

早っ。

参照元:☆のほほん育児生活☆

購入はこちら

Dyson DC26 カーボンファイバーモーターヘッド コンプリート

Amazon.co.jpで最安値を探す
楽天で最安値をさがす
Yahoo!ショッピングで最安値を探す

こちらの記事もおすすめです

サイクロン掃除機についての記事を読む
ネット銀行100の活用術
株式会社クートン