イオンカードセレクト

ダイソン DC61 モーターヘッド

dyson DC61

サイクロン掃除機で有名なダイソンが、コードレス型のハンディクリーナー「DC61 モーターヘッド」をリリースしました。

DC61は新しいサイクロン技術を搭載し、通常のハンディクリーナーの3倍もの吸引力を誇ります。コンパクトでありながら、電源コード付き掃除機と同等のパワーを持っている、高級クリーナーです。

実際に、ダイソンのハンディクリーナーを使った人の口コミを見ると、「掃除が楽しくなった」、「掃除嫌いの夫が毎日掃除するようになった」、「喘息が治った」など、その清掃能力の高さと、ゴミを吸い込む楽しさを味わうことができる掃除機であることがわかります。

ダイソン DC61 モーターヘッド

ダイソン公式オンラインストアで買う
Amazon.co.jpで最安値を探す
楽天で最安値をさがす
Yahoo!ショッピングで最安値を探す

どこが進化した?

ダイソン DC61は、前機種DC34の後継機種となりますが、性能が大幅に進化しています。
また、よく間違われるロングパイプ付きのDC62との違いも、簡単にまとめました。

■DC61
本製品です。新しいサイクロン技術「2ティアーラジアルサイクロン」を採用し、従来のダイソンハンディクリーナーよりも1.5倍の吸引力を実現しました。

DC62
DC62は、DC61にロングパイプが付属した製品で、性能などは全く同じです。
ハンディクリーナーとしてだけでなく、通常のスティックタイプの掃除機と同じように、フローリングや壁、天井などあらゆる場所が掃除できます。

クリーナーヘッドには、独自モーターによってブラシが回転する「モーターヘッド」を採用。(DC61にはミニモーターヘッドが付属します)

ただし、ロングパイプが付属する分価格は3万円ほど高いです。
DC61にロングパイプを取り付けることもできますが、ロングパイプ単体での販売は行なっていないので、フローリング等部屋の掃除にも使いたい場合は、DC62を買うしかありません。

DC34
DC61の前機種となるモデルです。
サイクロンテクノロジーとデジタルモーターの性能が違うため、DC61と比較して吸引力が1.5倍劣ります。

また、連続運転時間が15分と、DC61よりも5分短いことや、ふとんの掃除に役立つ「フトンツール」が標準で付属しないなど、他にも劣る部分がたくさんあります。

この点は旧機種なので仕方ないでしょう。

DC61 モーターヘッドのラインナップ

DC61には、カラー違いによる2つのラインナップが用意されています。
どちらも性能に違いはなく、色違いの製品です。

■DC61 パープル/ニッケル(紫色)
この製品がカタログに載っているスタンダードモデルとなります。定価69,800円。

■DC61 アイアン/ニッケル(シルバー)
紫色と全く同じ性能の色違いです。定価69,800円。

DC61の主な特徴

バッテリー持続時間の延長や、新サイクロン技術によって大幅にUPした吸引力など、DC61にはこれまでのハンディー掃除機にない、パワフルな機能がたくさん用意されています。

3倍の吸引力を実現

DC61は、通常のコードレスクリーナーと比較して3倍の吸引力を誇ります。
また、前機種のDC34と比べても1.5倍の力強いパワーで、小さなゴミもしっかりと吸い込みます。

吸引力の大幅な向上に一役買ったのが、「2ティアーラジアルサイクロン」と「ダイソン デジタルモーター V6」です。

新しいサイクロンテクノロジー「2ティアーラジアルサイクロン」は、15個のサイクロンを2層に配置し、それらが同時に機能します。
この結果、風力がより一層高まり、小さなゴミも逃すことなく捕らえる吸引力を発揮します。

ダイソン デジタルモーター V6は、毎分最大110,000回の高速回転(従来の3倍)によって、小さなゴミもしっかりと分離することが可能です。

場所を選ばない3つの付属品

DC61には、「コンビネーションノズル」、「隙間ノズル」、「フトンツール」の3つのブラシと、通常のモーターヘッドが付属しています。

これら3つのブラシを付け替えることで、あらゆる場所を、常に最適な方法で掃除することが可能です。

「隙間ノズル」は通常の掃除機では掃除できない狭い場所でも簡単に掃除ができるツールです。
「フトンツール」は、フトンの中に入り込んだゴミや誇りを吸い上げる、ふとんの掃除に最適化されたツールです。

そして「コンビネーションノズル」は、パソコンのキーボードの中など、細かい場所を、ブラシ+ダイソンの吸引力によって、掻き出しながら掃除することが可能です。

20分持続するバッテリー

前機種よりも連続運転時間が5分延長され、1回の充電で20分掃除できるようになりました。
バッテリーが切れるとフル充電に3時間半の時間が必要ですが、口コミでは20分という運転時間は思っているよりも長く、実際には1回の充電ですべての部屋を掃除できた。と語っている人がほとんどです。

また、前機種では15分の可動が限界でしたが、DC61では運転時間が5分延長され、バッテリーがパワーアップしています。

DC61の吸引力をもってしても吸い込めないゴミについては、「強モード」を使うことで一時的に吸引力をUPさせることができます。

通常モードでも十分すぎるダイソンのコードレス掃除機ですが、強モードを使うことで、より確実にゴミを取り除くことが可能です。(強モード使用時は連続運転時間は約6分となります)

2年間メーカー保証

ダイソンの掃除機は、標準で2年間のメーカー保証が付属します。
また、サポートのていねいさも評判で、しっかりとした対応をしてくれるので安心して使えます。

スペック表

オンラインストア参考価格 39,800円
テクノロジー 2ティアーラジアルサイクロン
本体サイズ 高さ144 x 奥行き395 x 幅208mm (モーターヘッド、バッテリー含む)
重量 本体 1.22kg (製品全体 1.55Kg)
吸引力(吸引仕事率) 通常モード:20分間 (28W) / 強モード: 6分間 (65W)
充電時間 約3時間半
集じん容積 0.35 L

DC61の口コミ

購入はこちら

ダイソン DC61 モーターヘッド

ダイソン公式オンラインストアで買う
Amazon.co.jpで最安値を探す
楽天で最安値をさがす
Yahoo!ショッピングで最安値を探す

カテゴリ:ダイソンの製品情報